Future Quest 原子力防災

今回インタビューをさせて頂いたのはふたば未来学園高等学校5期生の渡辺 空さんです。

**********プロフィール**********

名前:渡辺 空

ふたば未来学園5期生

******************************

○どのような探究ですか?

双葉郡を将来こうであってほしいと思う未来の像に近づける探究です。

○なぜこの探究を始めたのですか?

何となくで参加した双葉郡のバスツアーや震災について学ぶ学習会で、双葉郡は復興よりも負のイメージが印象強く残ると感じ、少しでも世界的にプラスの印象を与えられないかと思った事と、大人から向けられている私達学生への期待の大きさを知り、私たちの未来は無限大。自分がやらなきゃ誰がやると思ったことがきっかけです。

○具体的にはどのようなところが負のイメージでしたか?

バリケードや、更地、崩壊したままの建物が残っているところや、未だ風評被害が耐えないところです。私はこんな状態で復興できているとは言えないと感じています。

○現時点ではどのような活動を行ってきましたか?

1年次では、主に双葉郡バスツアーや、放射線ワークショップ、廃炉フォーラムなどといった見て感じて学ぶ中心の活動。
2年次から3年次にかけては、ハッピーロードさんにお手伝い頂き、ドローン講習会や双葉町6号線の花壇&看板作り+自動販売機設置や浜街道ゴミ拾い活動+マドレーヌの配布、ハイスクールアカデミーへの参加、そして現在は双葉郡全8町村の特産フルーツを使ったスイーツ&お菓子作りや防災保存食品の開発など自らやりたい事を提示し周りを巻き込んだ活動をしています。

○探究を通して分かったことはありますか?

双葉郡を良くしようと活動している人は実際にこの地で震災を経験した人ばかりでは無いということ。
また、私達は震災を実際に経験し語り継げることができる最後の世代であり、これからの時代を生きるグローバルリーダーで有り得ることです。

○探究を通して良かったこと、大変だったことを教えてください

良かったことは、人それぞれ異なった念いを持つ沢山の人達と出会え、色々な視点を知れてさらに人脈が増えたことです。
大変だったことは、気付かれないような裏での活動です。花壇作りという1つの大きな活動の中で、自分で育てたお花を植えると決めたのは良いものの、毎朝早電で来て昼も放課後もお花の手入れや、成長のスピードを調節したりと目立たない作業が1番大変でした。

○探究を進めるに当たって特にお世話になった人はいますか?

ハッピーロードネット西本さんです。西本さんとは、最初は活動のお手伝いをして頂くだけのはずでしたが、西本さん主催のイベントに参加させてもらい沢山のきっかけや出会いを増やしていただいています。
初対面で西本さんの活動は全く知らず、行き当たりばったりでビジョンしか語れない私にでも西本さんは沢山のことにチャレンジさせてくれます。
いつしか私の中での西本さんは第2の母であり、背中を追いかける1人の尊敬すべき人になっています。

○今後の探究のゴールを教えてください

私の中で探究のゴールはありません。
私の中の探究は授業の中だけの探究ではなく、人生の探究に変わったので、復興と同じでゴールを決めてしまえば、達成した時はとても達成感があるかもしれません。ですが、ゴールをつくらなければ永遠に少しでも良くしようともっともっと魅力的になっていきまよね?そういう考えの中で私は卒業しても活動を続けますし、活動出来なくなっても次の継子を作って託していきたいです。

○現時点で、そらさんの“理想の福島”はどのようなものですか?

足を踏み入れた人が全身全霊で復興を感じる福島、震災前以上に魅力に溢れそれを世界に浸透させる福島です。

○今後どんな人に自分の探究を引き継いで欲しいですか?

双葉郡にあまり関わりがない人です。
というのは、何となく双葉郡の為に活動して欲しいというものではなく、新たに双葉郡に興味を持って活動して欲しいということです。双葉郡に馴染みがある人が活動を深めていくのも良いですが、世界に双葉郡を知らなかったけど興味を持ち始める人が溢れていったらそれほど幸せなことはないと思います。

○空さんが考える“学生”だからできる事はなんですか?

私達、学生に出来ることは無限大であり出来ないことはないと言っても良いくらいです。もちろん、大人にしか出来ない縛りもある中で、世の中に1番響かせられるのはやっぱり私達、学生の思いや活動の様子です。
学生の内に行った響かせる活動は全て学生だから出来ること。学生にしか出来ないこと。だと思います。

○この記事を見てる人に一言お願いします

思い立ったらしょうもない事でもチャレンジしてみたらいいと思います。それは必ず何かの為になるからです。双葉郡で震災を経験しなければ語れないということは一切ないです。まずは小さいことから始めましょう!

インタビューを通して

記事を見ても分かる通り、空さんは行動力がある人です。好奇心旺盛で1つの活動だけでなく複数の活動をこなしてきました。そういった部分にハッピーロードネットの西本さんは心動かされ、様々な形で空さんをバックアップしたのだと思います。私は空さんや他の5期生の探究活動をインタビューして5期生はユニークな視点での探究活動が多いなと感じました。今回インタビューした空さんもですが、その町をよく知る人に協力してもらうことで更なる飛躍を遂げた探究がいくつも存在しています。探究に専門知を掛け合わせることがふたば郡、福島県の復興のカギになると感じました。      まだまだ終わらない空さんの探究活動に今後とも目が離せません。皆さんも空さんの行動力の秘密が気になったなら、ぜひ一度お話ししてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA